上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、蒼也です。

やっぱキャバ嬢を落とすのは難しい、みたいなイメージがあるじゃないですか。やっぱ相手は仕事でやってるからさー、みたいな。

でも実際にお客さんと付き合ったことあるキャバ嬢が半数くらいいるというアンケート結果からわかるように、キャバ嬢とは全然付き合える。俺はまだ付き合ったことねーけどw

始めたばっかだから許せ。


で、じゃあキャバ嬢は一般女性と何が違うのかを考察してみよう。

結論から言うと、本質的な部分で違いはないと思います。同じ女の子、同じように人を好きになるし、同じように愛を欲しがる。


けれど表面的な部分では違いがある。


(1)言葉の真意を読みづらい

キャバ嬢はやっぱり仕事でやっているので、お客さんにはまた来てもらってたくさんお金を落としてもらいたいと考えています。そうすればキャバ嬢にはポイントがつき、給料も上がっていくからです。だから彼女たちはまた来てもらえるよう、お客さんに「頑張ればこの子と付き合えるかも!?」と思わせるのです。だからそういうことを期待させるような言葉を言うし、思わせぶりな態度も見せる。

これが曲者。だって、一般人ならその子の言葉や態度で現在の女の子の心理状況を読み取れるけど、キャバ嬢の場合は仕事のためか本心が入っているのかが読み取りづらい。つまり、相手の心理に合わせた臨機応変な対応がしにくいのです。


(2)口説かれる量がハンパない

キャバ嬢は日々たくさんのお客さんの相手をしている。そしてそのお客のほとんどが下心を持って接してくる。つまり口説いてくるのです。毎日毎日いろんな男に口説かれているという立場上、そこらへんの男と同じように口説いていては、大勢のお客の中のひとり、という認識から脱することはできない。だだっ広い空き地に一本の木が生えていれば目立つけど、森の中では普通に生えている木は目立たないのです。だから自分なりのエッジを立てる必要がある。


(3)お客さんとは付き合わないと決めているキャバ嬢がいる

これはほぼどうしようもないパターンですね。キャバ嬢の中にはお客さんとは絶対に付き合わないとハナからアウトオブ眼中の女の子もいます。まあ、付き合わないって言っていても好きになっちゃうような子もいますが、トップクラスのキャバ嬢でめっちゃ決意の固い女の子は相当きついですね。0%とは言わないけど、限りなく0に近そう。



と、まあ、大きなところで一般の女の子との違いはこんなところだろうか。

しかし女の子を口説くとき、最も大切なのはその女の子の内面的な部分。つまり上の3点さえクリアしてしまえば、あとは女の子を口説く力さえあればキャバ嬢だからと言って恐れることはないのです。


そんなわけで、歌舞伎町の最初の物語、現在進行中なんで頑張るぜ。
こんばんわ、蒼也です。

いやー、キャバクラは高いね。サイトとかで料金見ると、一見安そうに見えるんですが、いろんな料金が加算されて、最終的にはやっぱり高い。

基本料金に、テーブルチャージ。指名料に、キャストが頼んだドリンク代。
こいつらを足した金額に、さらにサービス料とタックスが25%とかかかる。


ちょ、25%って4分の1ですよwww


それでも足を運んでしまうキャバクラ。見方を変えるとキャバクラって、100%出会える出会い系ですね。出会った後の難易度は高いけど。
こんばんわ、キャバクラ将軍・蒼也です。キャバ嬢大好き。


俺がキャバクラに行き始めたのは正直今年の春くらいから。それまでは、ま、行ったことはあったけどー、くらいなもん。

だからまだ渋谷しか知らなかったのです。キャバクラの聖地である歌舞伎町にはまだ行ったことがない。

でもいつか行ってみたいなーとは思っていたんです。


そんなある日。

友人と会社を設立した俺は、設立記念パーティーにとその友人と一緒に歌舞伎町デビューすることにしたのです。

生まれて初めての歌舞伎町のキャバクラ。どうせ行くからには有名ブランド店がいい。そんなわけでネットでいろいろ調べまくりました。そしてとある有名店に足を運ぶことにしたのです。


そして当日。その日は土曜日だったんですが、前日しこたま酒を飲みぶっつぶれた俺は若干二日酔い状態。それでもこの歩みを止めるわけにはいかねーぜ。まずはWEBで初回クーポンをプリントアウト。ふたりで割引券を握りしめ、歌舞伎町へと突入だ!

するとあちこちに有名な店があるではないか。


「おおおおおおお」


とまるで芸能人を発見したかのような感嘆の声を上げる俺たち。

そしてついにお目当ての店を発見。あ、あそこか、なんて凄まじい佇まいなんだ。近づくのすら緊張してしまうぜ。

よし、まずは落ち着こうと道を挟んだ反対側で一服。ついに、ついに俺たちは歌舞伎町デビューしてしまうんだな。なんだかボス戦に臨む前の勇者一行みたいな気分になってくる。


「よし、行くか」


煙草の火を消すと、俺たちは目の前で荘厳なオーラを放つ店の入り口へと歩を進めたのだった。


vol2につづく。
こんばんわ、蒼也です。

歌舞伎町のキャバ嬢が熱いんです。いやまじで、おかしいよあそこのキャバクラ。ま、詳しくは後日書いていくけど、とにかく熱い。


今日、ちょっと仕事の関係で新宿に行ったんですよ。いや、歌舞伎町じゃないですよ。


したら、新宿のアルタ前あたりから歌舞伎町の方から紫色のオーラが流れてくる。そしてそのオーラは俺の心を捉えて離さない。

なにこれ、どんだけ俺を誘ってんの。

キャバ嬢は泥棒です。そう、俺の心を盗んで行った。(←うんこしながら思いついた)
こんばんわ、キャバ将軍蒼也タソです。きも。

そんなわけで、渋谷のキャバ嬢とディズニーに行く約束を取り付けたワケだけれども。しかも向こうはかなり乗り気じゃねーか、っていう展開なんだけれども。そこは相手はキャバ嬢である、実際に実現してからじゃないと安心するのは早いワケなのです。


そしてノラリクラリと時間は過ぎ、いよいよディズニーの1週間前。


キャバ嬢からメールが来た。


約束の1週間前のメール。俺の脳裏に悪い予感がよぎるぜ。






大変な思い違いをしていて、実はその日、親友の誕生日だった、とそのメールには記されていた。





あほかああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




とりあえず、じゃあ日を変えるかという提案を持っていく俺だが、この展開はおそらく「行けない」という結果になる流れ。まあいきなりディズニーってのもハードル高かったし、まずは外で遊ぶっていう比較的低めのハードルから攻略していくっきゃないです。うーむ、先行き不安だな、だが、この経験は決して無駄にはしないぜ。


次回は、楽園・歌舞伎町編だ。
こんばんわ、蒼也です。

9月、9月だ。9月になれば遊べるぜ、と希望を抱いて過ごす日々。

そんな折、会社の同僚が1年前に結婚式のビンゴゲームかなんかで当てたというディズニーのチケットをついに使うときがきたとのたまわっていたのです。

どうせ使用されることはないから俺にくれとヒドイことを言っていたんですが、その思いは現実となり、彼は狙ってた女の子をディズニーに誘い見事に撃沈。予想通り俺はディズニーチケットを譲り受けることとなったのです。


このチケットは使えるかも!!!!


ってことで、さっそく渋谷のキャバクラに出陣。


「そーいえばさあ、ディズニーランドって好き?なんか友達からチケットもらったから行かね?」


「え、行く行く!行きたいんだけど!日にちとか決めちゃおうよー」


こ、これは予想外の反応ぅううううううううううう。

いや、だってね、俺はてっきり「うーん、すごく行きたいんだけど、仕事が・・」みたいな反応かと思ってたんですよ。「行きたい」けど「行けない」という客に「いつか行けるかも!」という希望を残しつつ断る戦法を使ってくるものと思っていたのですよ。

それがまさかこんなにノリノリな反応が返ってくるとは。

しかしこのチケットは期限付き。有効期限は再来月のはじめ。ってことは来月行くしかねーぜ、と。ってことで早速日程調整。

暫定で2日ほど候補が挙がり、俺のテンションも最高潮ですよ。なんだこれ、なんて言うんでしょう、天にも昇る気持ちとでも言いましょうか、とにかくアゲアゲ。プチアゲナイト。


ということで、キャバ嬢とディズニーに行く約束を取り付けた俺。果たして俺は無事ディズニーへと足を運ぶことができるのであろうか。


次回に続く。
こんばんわ、蒼也です。

さて、もはや諦めかけていた渋谷のキャバ嬢ですが、しばらく放置しているとメールがやってきた。キャバ嬢必殺の営業メールかと一瞬身構えたが、どうやら店を移ったとの連絡メールのようです。値段も安くなったから来て?とメールには書いてあります。って、営業メールじゃん!!

でもまあ、値段が安くなったんならふたたび戦いの場に足を運ぶのも悪くない。ってか、ここで諦めたらキャバ将軍の名がすたるぜ、倒れるなら前のめり。


そんなわけで、新しい店へと足を運ぶことにしたのです。でも相変わらず仕事が忙しいとおっしゃります。実際いつ行っても出勤してる。これは忙しいのはホントのようだぜ。


「いま前の店が辞められなくて、でも今月いっぱいでなんとか辞めさせてもらうから、来月になったらもうちょっと休み取れるようにする?」


ほほう、ってことは、来月が勝負ってことじゃないですか。

ようし、待ってろよ、来月必ず落としてみせるぜ。そう心に誓いつつ、今日も金を払うのでした。
こんばんわ、エレガント系ギャル男の蒼也です。


とりあえず、寿司に連れて行ってもらう約束をキャバ嬢と取り付けた俺だったが、果たしてこれは実現するのだろうか。ひたすら金がないということは刷り込んであるので、同伴狙いということもないだろう。

そんなわけで2週間、ちょくちょくメールとかしたり。んー、なんか実現しそうな雰囲気だ。でも待てよ、もし俺がキャバ嬢の立場だったら絶対ドタキャンするな。そんで店に自発的に来させるwwちょ、俺、鬼ww


とりあえず何時頃から会えるのかと聞いてみると、「学校おわるのが7時半だから8時かな」と。ん、その日、出勤だよな。「8時半にはお店行かなきゃ」


ちょ!30分だけかよwwwwwwwwwwwwww


だが、この30分で仕事終わりに会う約束を取り付けてやる。そのまえに実現するのか、少しでも遅れたらドタじゃないですかww

ちょーウケるー。

そんなわけで当日。



着いたら連絡ちょーだい、とメールして待っていると、「着いたよー」と。待ち合わせ場所へ向かうと、うん、多分あいつだw


「久しぶりー」


久しぶりでもねえだろw


まあ、とりあえず実現はした。

その後、寿司屋に行って、俺は寿司を5貫食った。彼女は1貫しか食わなかった。

んでさー、仕事終わったら飯とか食わね?


「仕事終わりはちょっとー」


はい、終了。


どうやら彼女に会うには土曜日のこの時間しかないようだ。


あほか!!wwwwwwwwwwww

こいつはもう無理ですね。これを糧に次のキャバ嬢と新たな戦いに望む決意を固めました。
こんばんわ、蒼也です。


優待券が使えると思いきや、なんと初回しか使用できないことが発覚し、定価で入ることになった俺たち。そんな物語の続き。


前回のおっとりギャルを指名して、とりあえず席で待つ俺。今回の目的は1時間で彼女の心に侵食できるだけ侵食する。キャバ嬢には速攻。そんな俺の仮説。

そんなことを考えてると、ん、なんかかわいくてそそる感じのキャバ嬢がこっちに歩いてくるではないか。前回のおっとりギャルはもうちょい大人っぽくない感じだったから、これは一緒に来た友人につくキャバ嬢か。だが、友人の隣へ続く道を入らず真っ直ぐ歩いてくる。アレ、俺んとこじゃねーか。

おかしいな、俺は確かに指名したはずだ。これはアレか、他の客がいま指名中だからそれが終わるまでもうちょい待ってろ、みたいなアレか。

案の定、俺の隣に座ってきたので、顔を間近で拝見してみると。


よく見たらこないだのおっとりギャルじゃん。


いや、髪形が違うから大人っぽい雰囲気になっていたとはいえ、さすが5回以上会わないと顔を覚えない俺。

めっちゃタイプの顔のくせに見間違えるとは。



とりあえず気を取り直して、バトルスタート。

「いや、また会いたいって思ってw」

そんな台詞の言い方ひとつにも気を使うぜ。見た目が見た目なんでチャラそうに見られる俺ですが、逆にそれを利用するのです。ちょっと本気で思ってくれてるのかしらと随所に匂わせる。小出しのジャブのように繰り出す。


これで1時間、たっぷりと意識させてやるぜ。


しかしここで誤算が。

この女、予想以上によく喋る!

徐々にジャブが効きだすかというところで、「お時間ですがご延長は?」とお兄さんが聞いてくるではないか。


一緒に行った友人に「どうします?」と聞くと、一言任せます、と。


「行っちゃいますか!」


いや、俺、金欠じゃん、行っちゃうなよwwww
という心の声に延髄切りして、延長戦突入。金よりも女だぜ。


なんとしても今回で、プライベートで会う方向に持っていかなくてはと、いろんな伏線を引いてんだ。ここで引けるか。


「お寿司好き? いつも出前取ってる美味しいお寿司屋さんあるから、お寿司連れてってあげるよ」


ちなみにこれは俺の台詞じゃねーぜ、キャバ嬢の台詞だから。
というわけで、一応2週間後に約束ゲッツ。しかももしかしたら奢ってもらえるかもしれんぜ。まあ出勤前だが、金が究極にないと宣言してるから同伴狙いではないはず。


だが俺の戦いはまだ終わらない。あわよくばこの日の仕事終わりに会うようにしたい。しかし話し聞いてると、どうやら彼女は一睡もしてないようだ。

まあ絶対無理だなこれはと思いながらもダメもとで今日会えないかと聞いてみる。


「うーん、どうしよぅ・・」


な。

悩んでるぞ。


「まあ今日は寝てないっていうし、全然無理しなくていーよ」


最終的にオトせればいいので、あえて優しい言葉をかけてみる俺。


「うーん、2週間後会うんだし、今日は止めとくね」


まあ、そりゃそうだ。

そんなこんなで結局閉店までいました。

お会計は・・・。


2名様5万円。


はい、戦闘不能。


傷を癒して2週間後にかけるぜ。
果たして本当に遊べるのか。


次回に続く。
こんばんわ、蒼也だぜ。


さあ、とりあえずめっさタイプなキャバ嬢となんとか繋がりを持った俺。だが、ここまでは誰だってできる。オッサンだってできる。なんせキャバ嬢はお客に夢を持たせて何度も店に足を運ばせるのが仕事だからな。

だからもう店には行かずに落とすぜ。と言いたいところなんですが、いかんせん前回は完全にフリーで入ったもんだから、おっとりキャバ嬢とは他愛のない会話しかしてないぜ。この状態でプライベートで会おうとしても難しいのは百も承知。これはもう一回行く必要がある。

ここで注意しなくちゃいかんのは、次を最後にしなきゃいかんという点です。恐らく俺の予測だと、このキャバ嬢に3回入ったら、確実に客確定。一人の男として意識させるのが逆に困難になる。


というわけで、ほとぼりが冷める前にまずは手を出していけ。前回の次の週に別の友人を誘って俺は突撃したぜ。


まずは時間だ。まあ無理だとは思うけど、一応仕事が終わった後に会える可能性を残して閉店より数時間前に行くことにしよう。あらかじめメールで出勤時間を確認してあったので朝の6時までということはわかった。ならば夜中の3時過ぎに店へ行って、終わるまで待ってるパターンで行こう。あまり時間を合わせすぎてもアレだしな。


そんなわけで、とりあえず3時まで俺んちで無双OROCHIとかやって過ごす。そのまま歩いて渋谷へ。

どうせ知り合いのキャッチのオッサンが出てるだろうから、まずはオッサンを捜す。いた!


って、タンクトップだしwww


オッサン、キャッチに見えないぜw

そんなこんなで店に案内してもらって、前回行く前にもらった優待チケットを提示。


「これ初回のお客様限定なんで使えないです」


なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!


完全にチケットに頼り切っていた俺にとっては青天の霹靂。だが、だが、ここまで来て引き返すわけにはいかん!!!



て、定価で入ります!



そして早速、目当てのおっとりキャバ嬢を指名して、さあここから俺の戦いが始まるぜ。



つづく。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。