上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、蒼也だぜ。


渋谷には顔見知りのキャッチのオッサンがいます。相方が渋谷で働いてたときに路上でよく顔を合わせてたんで、それでよく話すようになった、そんなオッサン。

オッサンは会うたびにお店来てくださいよと誘ってくる。「また今度行きますよ」と延ばし延ばしにしてきたんだけども、まあたまには行ってみるかと、足を運ぶことに。特別優待券ももらったことだし。


そもそも俺はキャバクラという場所にほとんど行ったことがない。人生でせいぜい5回くらいしか行ったことがないのです。だってアレじゃん、女の子なんて路上にたくさんいるし、わざわざ金を払ってまで会話することに何の価値があるんだ、と思っていたからです。

あとアレだ、どうせ客は客として見てねーに違いないと思ってた。


だがっ。

俺はキャバ嬢と戦ってみたいという、生まれもっての闘争本能に火がついてしまったのです。※前回の記事参照


そんなわけでお店に入店すると、まだ時間が早いせいか俺ら2人に対して女の子1人という状況でスタートww

しかも俺ら2人相手にしっかりバランスよく会話を進めよる。こいつ、なかなかのてだれだな。思わず感心してしまったぜ。


ンで、女の子の交代の時間になって、俺のところに来たキャバ嬢が。


ちょーかわいいんですけど!!!!


うわー、やばいね、久々にメガヒット。スーパー好み。しかもしゃべり方が山口もえ系。俺のハートも思わず萌えですよ。むしろ燃えだぜ、燃え上がる、オトしたい。


しかしフツーの会話が盛り上がりすぎていまいち攻め切れずに選手交代。だが番号だけはちゃんと聞いておいたから、まだ望みはあるぜ。でもどーせ返事来ないに違いないぜ。


次の日メールすると、案の定、返信なし。


あー、やっぱりなー、といった感じなんだけども、数日後もう1回メールしてみると。


返ってきたー!!!!><


って、メールの返信くらいで喜ぶとは俺は中学生かww
ここからだ、ここからが腕の見せ所だぜ。いざ勝負だ、キャバ嬢。


不定期につづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。