上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、蒼也です。

やっぱキャバ嬢を落とすのは難しい、みたいなイメージがあるじゃないですか。やっぱ相手は仕事でやってるからさー、みたいな。

でも実際にお客さんと付き合ったことあるキャバ嬢が半数くらいいるというアンケート結果からわかるように、キャバ嬢とは全然付き合える。俺はまだ付き合ったことねーけどw

始めたばっかだから許せ。


で、じゃあキャバ嬢は一般女性と何が違うのかを考察してみよう。

結論から言うと、本質的な部分で違いはないと思います。同じ女の子、同じように人を好きになるし、同じように愛を欲しがる。


けれど表面的な部分では違いがある。


(1)言葉の真意を読みづらい

キャバ嬢はやっぱり仕事でやっているので、お客さんにはまた来てもらってたくさんお金を落としてもらいたいと考えています。そうすればキャバ嬢にはポイントがつき、給料も上がっていくからです。だから彼女たちはまた来てもらえるよう、お客さんに「頑張ればこの子と付き合えるかも!?」と思わせるのです。だからそういうことを期待させるような言葉を言うし、思わせぶりな態度も見せる。

これが曲者。だって、一般人ならその子の言葉や態度で現在の女の子の心理状況を読み取れるけど、キャバ嬢の場合は仕事のためか本心が入っているのかが読み取りづらい。つまり、相手の心理に合わせた臨機応変な対応がしにくいのです。


(2)口説かれる量がハンパない

キャバ嬢は日々たくさんのお客さんの相手をしている。そしてそのお客のほとんどが下心を持って接してくる。つまり口説いてくるのです。毎日毎日いろんな男に口説かれているという立場上、そこらへんの男と同じように口説いていては、大勢のお客の中のひとり、という認識から脱することはできない。だだっ広い空き地に一本の木が生えていれば目立つけど、森の中では普通に生えている木は目立たないのです。だから自分なりのエッジを立てる必要がある。


(3)お客さんとは付き合わないと決めているキャバ嬢がいる

これはほぼどうしようもないパターンですね。キャバ嬢の中にはお客さんとは絶対に付き合わないとハナからアウトオブ眼中の女の子もいます。まあ、付き合わないって言っていても好きになっちゃうような子もいますが、トップクラスのキャバ嬢でめっちゃ決意の固い女の子は相当きついですね。0%とは言わないけど、限りなく0に近そう。



と、まあ、大きなところで一般の女の子との違いはこんなところだろうか。

しかし女の子を口説くとき、最も大切なのはその女の子の内面的な部分。つまり上の3点さえクリアしてしまえば、あとは女の子を口説く力さえあればキャバ嬢だからと言って恐れることはないのです。


そんなわけで、歌舞伎町の最初の物語、現在進行中なんで頑張るぜ。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。