上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、キャバ将軍・蒼也です。

ずいぶんとお待たせしましたが、続きです。


荘厳なオーラを放つ店の入り口へと歩を進めたの俺たち。地下へと続く階段の前に立つスタッフに声をかけられ、威風堂々と初回割引チケットを提示してみます。

そして、スタッフの男はお店の説明を軽く説明してきます。彼が言うには、どうやら初回チケのおかげで場内指名が無料でできるらしい。おお、こりゃこの制度を利用して指名するしかねえか。だが待てよ、これは俺らの初めての歌舞伎町キャバクラ。そう簡単に指名していいものだろうか。うん、ここは何回か行ってみて気に入った子がいたら指名しよう。いろんなキャバ嬢を堪能したいもんな、ぐへへへ。


そんなわけで席へと案内されて、のほほんとキャバ嬢がつくのを待っていると、ほどなく女の子がやってきました。



か、か、か、かわいいっっ!!!!



なんてことでしょう、めっちゃかわいい。俺も渋谷のキャバクラだったら何回か行ったことあるけど、その誰よりも圧倒的にかわいい。さらに俺もいままで渋谷の街中で何回もナンパしたことあるけど、その誰よりもかわいい。

そんな子がいきなり最初についてしまったではないですか!!

そして相方の方を見ると、なんてこった。相方についたキャバ嬢はさらにかわいい。どうなっているんだ歌舞伎町。最近かわいい女の子あんま見ないなーとか思っていたら、ここにいたのか!!探したぞ!!


そんな溢れんばかりの興奮を隠しつつ、お、お、お、お話をしなくては。こんなかわいいキャバ嬢だと緊張するぞ、この野郎。


俺についたキャバ嬢は21歳くらいの奇麗な顔立ちの女の子。どちらかというと落ち着いた雰囲気で、俺にしてみりゃお姉さんのような感じだ。一方、相方についたキャバ嬢は、ノリがいいチャキっ子タイプの女の子。八重歯がかわいい、俺はそっちの方がタイプだぞ。でもこっちもかわいい。

話をしてると、どうやらこの2人は仲がいいらしく、前も同じ店で働いていたみたいです。ここは2人仲よく指名しちゃうのもいいなー、っていかんいかん。しばらくは指名しないでキャストの女の子を見て回るんだった、危うくキャバ嬢の魔力にやられるとこだったぜ。キャバ将軍ともあろうお方がなんという体たらく。


そんなわけで基本的な内容の会話をしていると、なんてこった、違うキャバ嬢がやってきて俺らのソファーの向かいの椅子に座っとるじゃないか!

え、え、なんですか、俺が悪いことしないように監視してるのか、それとも見学ですか。いや違う、次につくキャバ嬢が待機しとるんだ!!!


なんというプレッシャー。この待機している状態で、あ、じゃあもう帰りますとか言いにくいじゃないか。これじゃあエンドレスに自動延長じゃないか。これは気をつけなくては。

そして最初についてキャバ嬢は去って行き、入れ替わりで次のキャバ嬢が俺の元へとやってきた。


次回につづく。
スポンサーサイト
こんばんわ、蒼也です。

やっぱキャバ嬢を落とすのは難しい、みたいなイメージがあるじゃないですか。やっぱ相手は仕事でやってるからさー、みたいな。

でも実際にお客さんと付き合ったことあるキャバ嬢が半数くらいいるというアンケート結果からわかるように、キャバ嬢とは全然付き合える。俺はまだ付き合ったことねーけどw

始めたばっかだから許せ。


で、じゃあキャバ嬢は一般女性と何が違うのかを考察してみよう。

結論から言うと、本質的な部分で違いはないと思います。同じ女の子、同じように人を好きになるし、同じように愛を欲しがる。


けれど表面的な部分では違いがある。


(1)言葉の真意を読みづらい

キャバ嬢はやっぱり仕事でやっているので、お客さんにはまた来てもらってたくさんお金を落としてもらいたいと考えています。そうすればキャバ嬢にはポイントがつき、給料も上がっていくからです。だから彼女たちはまた来てもらえるよう、お客さんに「頑張ればこの子と付き合えるかも!?」と思わせるのです。だからそういうことを期待させるような言葉を言うし、思わせぶりな態度も見せる。

これが曲者。だって、一般人ならその子の言葉や態度で現在の女の子の心理状況を読み取れるけど、キャバ嬢の場合は仕事のためか本心が入っているのかが読み取りづらい。つまり、相手の心理に合わせた臨機応変な対応がしにくいのです。


(2)口説かれる量がハンパない

キャバ嬢は日々たくさんのお客さんの相手をしている。そしてそのお客のほとんどが下心を持って接してくる。つまり口説いてくるのです。毎日毎日いろんな男に口説かれているという立場上、そこらへんの男と同じように口説いていては、大勢のお客の中のひとり、という認識から脱することはできない。だだっ広い空き地に一本の木が生えていれば目立つけど、森の中では普通に生えている木は目立たないのです。だから自分なりのエッジを立てる必要がある。


(3)お客さんとは付き合わないと決めているキャバ嬢がいる

これはほぼどうしようもないパターンですね。キャバ嬢の中にはお客さんとは絶対に付き合わないとハナからアウトオブ眼中の女の子もいます。まあ、付き合わないって言っていても好きになっちゃうような子もいますが、トップクラスのキャバ嬢でめっちゃ決意の固い女の子は相当きついですね。0%とは言わないけど、限りなく0に近そう。



と、まあ、大きなところで一般の女の子との違いはこんなところだろうか。

しかし女の子を口説くとき、最も大切なのはその女の子の内面的な部分。つまり上の3点さえクリアしてしまえば、あとは女の子を口説く力さえあればキャバ嬢だからと言って恐れることはないのです。


そんなわけで、歌舞伎町の最初の物語、現在進行中なんで頑張るぜ。
こんばんわ、蒼也です。

いやー、キャバクラは高いね。サイトとかで料金見ると、一見安そうに見えるんですが、いろんな料金が加算されて、最終的にはやっぱり高い。

基本料金に、テーブルチャージ。指名料に、キャストが頼んだドリンク代。
こいつらを足した金額に、さらにサービス料とタックスが25%とかかかる。


ちょ、25%って4分の1ですよwww


それでも足を運んでしまうキャバクラ。見方を変えるとキャバクラって、100%出会える出会い系ですね。出会った後の難易度は高いけど。
こんばんわ、キャバクラ将軍・蒼也です。キャバ嬢大好き。


俺がキャバクラに行き始めたのは正直今年の春くらいから。それまでは、ま、行ったことはあったけどー、くらいなもん。

だからまだ渋谷しか知らなかったのです。キャバクラの聖地である歌舞伎町にはまだ行ったことがない。

でもいつか行ってみたいなーとは思っていたんです。


そんなある日。

友人と会社を設立した俺は、設立記念パーティーにとその友人と一緒に歌舞伎町デビューすることにしたのです。

生まれて初めての歌舞伎町のキャバクラ。どうせ行くからには有名ブランド店がいい。そんなわけでネットでいろいろ調べまくりました。そしてとある有名店に足を運ぶことにしたのです。


そして当日。その日は土曜日だったんですが、前日しこたま酒を飲みぶっつぶれた俺は若干二日酔い状態。それでもこの歩みを止めるわけにはいかねーぜ。まずはWEBで初回クーポンをプリントアウト。ふたりで割引券を握りしめ、歌舞伎町へと突入だ!

するとあちこちに有名な店があるではないか。


「おおおおおおお」


とまるで芸能人を発見したかのような感嘆の声を上げる俺たち。

そしてついにお目当ての店を発見。あ、あそこか、なんて凄まじい佇まいなんだ。近づくのすら緊張してしまうぜ。

よし、まずは落ち着こうと道を挟んだ反対側で一服。ついに、ついに俺たちは歌舞伎町デビューしてしまうんだな。なんだかボス戦に臨む前の勇者一行みたいな気分になってくる。


「よし、行くか」


煙草の火を消すと、俺たちは目の前で荘厳なオーラを放つ店の入り口へと歩を進めたのだった。


vol2につづく。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。