上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、蒼也です。


優待券が使えると思いきや、なんと初回しか使用できないことが発覚し、定価で入ることになった俺たち。そんな物語の続き。


前回のおっとりギャルを指名して、とりあえず席で待つ俺。今回の目的は1時間で彼女の心に侵食できるだけ侵食する。キャバ嬢には速攻。そんな俺の仮説。

そんなことを考えてると、ん、なんかかわいくてそそる感じのキャバ嬢がこっちに歩いてくるではないか。前回のおっとりギャルはもうちょい大人っぽくない感じだったから、これは一緒に来た友人につくキャバ嬢か。だが、友人の隣へ続く道を入らず真っ直ぐ歩いてくる。アレ、俺んとこじゃねーか。

おかしいな、俺は確かに指名したはずだ。これはアレか、他の客がいま指名中だからそれが終わるまでもうちょい待ってろ、みたいなアレか。

案の定、俺の隣に座ってきたので、顔を間近で拝見してみると。


よく見たらこないだのおっとりギャルじゃん。


いや、髪形が違うから大人っぽい雰囲気になっていたとはいえ、さすが5回以上会わないと顔を覚えない俺。

めっちゃタイプの顔のくせに見間違えるとは。



とりあえず気を取り直して、バトルスタート。

「いや、また会いたいって思ってw」

そんな台詞の言い方ひとつにも気を使うぜ。見た目が見た目なんでチャラそうに見られる俺ですが、逆にそれを利用するのです。ちょっと本気で思ってくれてるのかしらと随所に匂わせる。小出しのジャブのように繰り出す。


これで1時間、たっぷりと意識させてやるぜ。


しかしここで誤算が。

この女、予想以上によく喋る!

徐々にジャブが効きだすかというところで、「お時間ですがご延長は?」とお兄さんが聞いてくるではないか。


一緒に行った友人に「どうします?」と聞くと、一言任せます、と。


「行っちゃいますか!」


いや、俺、金欠じゃん、行っちゃうなよwwww
という心の声に延髄切りして、延長戦突入。金よりも女だぜ。


なんとしても今回で、プライベートで会う方向に持っていかなくてはと、いろんな伏線を引いてんだ。ここで引けるか。


「お寿司好き? いつも出前取ってる美味しいお寿司屋さんあるから、お寿司連れてってあげるよ」


ちなみにこれは俺の台詞じゃねーぜ、キャバ嬢の台詞だから。
というわけで、一応2週間後に約束ゲッツ。しかももしかしたら奢ってもらえるかもしれんぜ。まあ出勤前だが、金が究極にないと宣言してるから同伴狙いではないはず。


だが俺の戦いはまだ終わらない。あわよくばこの日の仕事終わりに会うようにしたい。しかし話し聞いてると、どうやら彼女は一睡もしてないようだ。

まあ絶対無理だなこれはと思いながらもダメもとで今日会えないかと聞いてみる。


「うーん、どうしよぅ・・」


な。

悩んでるぞ。


「まあ今日は寝てないっていうし、全然無理しなくていーよ」


最終的にオトせればいいので、あえて優しい言葉をかけてみる俺。


「うーん、2週間後会うんだし、今日は止めとくね」


まあ、そりゃそうだ。

そんなこんなで結局閉店までいました。

お会計は・・・。


2名様5万円。


はい、戦闘不能。


傷を癒して2週間後にかけるぜ。
果たして本当に遊べるのか。


次回に続く。
スポンサーサイト
こんばんわ、蒼也だぜ。


さあ、とりあえずめっさタイプなキャバ嬢となんとか繋がりを持った俺。だが、ここまでは誰だってできる。オッサンだってできる。なんせキャバ嬢はお客に夢を持たせて何度も店に足を運ばせるのが仕事だからな。

だからもう店には行かずに落とすぜ。と言いたいところなんですが、いかんせん前回は完全にフリーで入ったもんだから、おっとりキャバ嬢とは他愛のない会話しかしてないぜ。この状態でプライベートで会おうとしても難しいのは百も承知。これはもう一回行く必要がある。

ここで注意しなくちゃいかんのは、次を最後にしなきゃいかんという点です。恐らく俺の予測だと、このキャバ嬢に3回入ったら、確実に客確定。一人の男として意識させるのが逆に困難になる。


というわけで、ほとぼりが冷める前にまずは手を出していけ。前回の次の週に別の友人を誘って俺は突撃したぜ。


まずは時間だ。まあ無理だとは思うけど、一応仕事が終わった後に会える可能性を残して閉店より数時間前に行くことにしよう。あらかじめメールで出勤時間を確認してあったので朝の6時までということはわかった。ならば夜中の3時過ぎに店へ行って、終わるまで待ってるパターンで行こう。あまり時間を合わせすぎてもアレだしな。


そんなわけで、とりあえず3時まで俺んちで無双OROCHIとかやって過ごす。そのまま歩いて渋谷へ。

どうせ知り合いのキャッチのオッサンが出てるだろうから、まずはオッサンを捜す。いた!


って、タンクトップだしwww


オッサン、キャッチに見えないぜw

そんなこんなで店に案内してもらって、前回行く前にもらった優待チケットを提示。


「これ初回のお客様限定なんで使えないです」


なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!


完全にチケットに頼り切っていた俺にとっては青天の霹靂。だが、だが、ここまで来て引き返すわけにはいかん!!!



て、定価で入ります!



そして早速、目当てのおっとりキャバ嬢を指名して、さあここから俺の戦いが始まるぜ。



つづく。
こんばんわ、蒼也だぜ。


渋谷には顔見知りのキャッチのオッサンがいます。相方が渋谷で働いてたときに路上でよく顔を合わせてたんで、それでよく話すようになった、そんなオッサン。

オッサンは会うたびにお店来てくださいよと誘ってくる。「また今度行きますよ」と延ばし延ばしにしてきたんだけども、まあたまには行ってみるかと、足を運ぶことに。特別優待券ももらったことだし。


そもそも俺はキャバクラという場所にほとんど行ったことがない。人生でせいぜい5回くらいしか行ったことがないのです。だってアレじゃん、女の子なんて路上にたくさんいるし、わざわざ金を払ってまで会話することに何の価値があるんだ、と思っていたからです。

あとアレだ、どうせ客は客として見てねーに違いないと思ってた。


だがっ。

俺はキャバ嬢と戦ってみたいという、生まれもっての闘争本能に火がついてしまったのです。※前回の記事参照


そんなわけでお店に入店すると、まだ時間が早いせいか俺ら2人に対して女の子1人という状況でスタートww

しかも俺ら2人相手にしっかりバランスよく会話を進めよる。こいつ、なかなかのてだれだな。思わず感心してしまったぜ。


ンで、女の子の交代の時間になって、俺のところに来たキャバ嬢が。


ちょーかわいいんですけど!!!!


うわー、やばいね、久々にメガヒット。スーパー好み。しかもしゃべり方が山口もえ系。俺のハートも思わず萌えですよ。むしろ燃えだぜ、燃え上がる、オトしたい。


しかしフツーの会話が盛り上がりすぎていまいち攻め切れずに選手交代。だが番号だけはちゃんと聞いておいたから、まだ望みはあるぜ。でもどーせ返事来ないに違いないぜ。


次の日メールすると、案の定、返信なし。


あー、やっぱりなー、といった感じなんだけども、数日後もう1回メールしてみると。


返ってきたー!!!!><


って、メールの返信くらいで喜ぶとは俺は中学生かww
ここからだ、ここからが腕の見せ所だぜ。いざ勝負だ、キャバ嬢。


不定期につづく。
こんばんわ、蒼也だぜ。


キャバクラ。それは女が男に夢を見せ、男が女に搾取される桃源郷。キャバ嬢の甘い言葉に夢を見て、まるで魔術にかかったかのように金をつぎ込む客が今日も後を絶たない。

構図としてはこうだ、キャバ嬢がまるで気のあるかのような態度を客に取る。客は「これは頑張ればセックスできるかも!」と淡い期待を抱く。通い続ける。キャバ嬢のポイントはどんどん上がって給料も上がる。


キャバ嬢はハナから金を使ってもらうことが目的で、毎日何人もの男達を手のひらで転がしているのですよ。しかもみんなから、やれかわいいだの、タイプだのって言われまくってるから、パンピーを落とすときの手法はそうそう通じない。女神転生にたとえると、ギリメカラですね、物理攻撃反射かよ、みたいな。


そんな攻略困難なキャバ嬢ではあるが、とあるギャル男日記リサーチによると、その約半数がお客さんと付き合ったことがあるとの結果がァァァァァ!!


つまり難しいは難しいのだが、落とすことは可能なのだ!


その昔、腕に覚えのある剣豪は、己の剣の腕を試すために、或いは己の腕を磨くために、各地の道場に殴りこみに行くそうだ。


いわゆる道場破り。


これは現代の侍と呼ばれる蒼也さんとしては破らずにはいられない関門ンンンン。


蒼也vsキャバ嬢の身を焦がす名勝負の数々が生まれそうだぜ。

そんなシリーズ企画を考えてみました。


「道場破りで処女膜も破るゥゥ」


次回から乞うご期待。
※店に行く行為が蒼也の懐事情に左右されるため、更新は不定期です

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。