上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャバクラ動画が楽しめる、キャバビューというサイトがオープンしました。

キャバビュー

実際にキャバクラに潜入する形で動画をとっていて、テレビみたいで面白いですよ?
スポンサーサイト
こんばんわんこそば。蒼也です。

ごめん、放置しすぎた。放置しすぎて、なんかトップに広告とか出てるし。

いやさ、こことギャル男日記との切り分けに悩んでいたんですよ。つくったはいいものの。
だってさ、キャバクラネタとかギャル男日記に書けるじゃん。書けちゃうじゃんじゃんじゃん。あそこテーマとか特にねーし、オールマイティすぎだし。

だから、ギャル男日記ではキャバクラでこんなことあったよー、みたいな面白い記事を書くことにして、こっちではもうちょっと本格的にキャバ嬢攻略について考察と実践を行うことにしました。


たぶんギャル男日記のほうだとキャバクラ大好きーみたいなユーザー少なそうだし。


というわけで、今日からちゃんと定期的に更新します。更新しますって宣言しても、現在ほとんど読者はいませんがww

ちょ、誰に宣言してるんだ、俺はwww


なんか悲しくなってきた。
こっちも盛り上げられるよう頑張ってやるぜ。

じゃ、また。
おっす、オラ蒼也。

久しく更新してなかったな、ごめんよ、俺も必死に生きてたもんで。
しばらく見ない間に、結構キャバ嬢といい感じです。まあ、そのうち書きますよ。

まだ仕事中なんで今日は挨拶程度に。

じゃね。
こんばんわ、蒼也です。

いやー、キャバクラは高いね。サイトとかで料金見ると、一見安そうに見えるんですが、いろんな料金が加算されて、最終的にはやっぱり高い。

基本料金に、テーブルチャージ。指名料に、キャストが頼んだドリンク代。
こいつらを足した金額に、さらにサービス料とタックスが25%とかかかる。


ちょ、25%って4分の1ですよwww


それでも足を運んでしまうキャバクラ。見方を変えるとキャバクラって、100%出会える出会い系ですね。出会った後の難易度は高いけど。
こんばんわ、蒼也です。

歌舞伎町のキャバ嬢が熱いんです。いやまじで、おかしいよあそこのキャバクラ。ま、詳しくは後日書いていくけど、とにかく熱い。


今日、ちょっと仕事の関係で新宿に行ったんですよ。いや、歌舞伎町じゃないですよ。


したら、新宿のアルタ前あたりから歌舞伎町の方から紫色のオーラが流れてくる。そしてそのオーラは俺の心を捉えて離さない。

なにこれ、どんだけ俺を誘ってんの。

キャバ嬢は泥棒です。そう、俺の心を盗んで行った。(←うんこしながら思いついた)
こんばんわ、蒼也だぜ。


キャバクラ。それは女が男に夢を見せ、男が女に搾取される桃源郷。キャバ嬢の甘い言葉に夢を見て、まるで魔術にかかったかのように金をつぎ込む客が今日も後を絶たない。

構図としてはこうだ、キャバ嬢がまるで気のあるかのような態度を客に取る。客は「これは頑張ればセックスできるかも!」と淡い期待を抱く。通い続ける。キャバ嬢のポイントはどんどん上がって給料も上がる。


キャバ嬢はハナから金を使ってもらうことが目的で、毎日何人もの男達を手のひらで転がしているのですよ。しかもみんなから、やれかわいいだの、タイプだのって言われまくってるから、パンピーを落とすときの手法はそうそう通じない。女神転生にたとえると、ギリメカラですね、物理攻撃反射かよ、みたいな。


そんな攻略困難なキャバ嬢ではあるが、とあるギャル男日記リサーチによると、その約半数がお客さんと付き合ったことがあるとの結果がァァァァァ!!


つまり難しいは難しいのだが、落とすことは可能なのだ!


その昔、腕に覚えのある剣豪は、己の剣の腕を試すために、或いは己の腕を磨くために、各地の道場に殴りこみに行くそうだ。


いわゆる道場破り。


これは現代の侍と呼ばれる蒼也さんとしては破らずにはいられない関門ンンンン。


蒼也vsキャバ嬢の身を焦がす名勝負の数々が生まれそうだぜ。

そんなシリーズ企画を考えてみました。


「道場破りで処女膜も破るゥゥ」


次回から乞うご期待。
※店に行く行為が蒼也の懐事情に左右されるため、更新は不定期です

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。